30日間無利息って本当?大手消費者金融3社の無利息サービスを紹介!

銀行や消費者金融で借入をする際に気になるのが返済時の利息です。
特に消費者金融の場合は金利が高そうというイメージも強く、利用するのが不安という方も少なくありません。
そんな不安を抱えている方に是非知っていただきたいのが、消費者金融の「30日間無利息サービス」です。
本来なら銀行や消費者金融からお金を借りると利息が付加されますが、初めて利用する方であれば、このサービスを利用して30日間無利息で借入をすることができます。
また、一度だけの借入に限らず、無利息期間中なら何度借入をしても利息は付加されません。
追加での借入や一度完済して再度借りる場合も対象となります。
つまり、無利息期間内に完済をすれば、利息は一切かからずにお金を借りることができるということです。
特に、短期間でまとまった額を借りて給料日やボーナスなどで一括返済する目処のある方は無利息サービスが大いに役に立つでしょう。
また、借入金額が大きい時や借入期間が長いと利息額も多くなりますが、無利息サービスのある消費者金融で借入をすることで支払利息総額を抑えることもできます。

 

このように、30日間無利息サービスは消費者金融で初めて借りる方にとって非常に魅力的な内容ですが、中には「こんなおいしい話は何か裏があるのでは…」と不審に感じる方もいるのではないでしょうか。
たしかに、収入源である利息を無料にするということは金融機関にとっては利益を減らすことに繋がります。
しかし、「金利が高くて利用しにくい」というイメージを抱かれがちな消費者金融にとっては、無利息期間を設けることで初めての方に対して利用のハードルを下げることができ、新規顧客を獲得することに繋がるのです。
このサービスは知っている人だけが利用できる裏技的なものではなく、街中やインターネットの広告でも「初めての方は30日間無利息!」と大々的に掲載されているサービスです。
実際に多くの利用者もいるので安心して利用して下さい。

 

参考:消費者金融でお金を借りる方法

 

無利息サービスの適用条件は?大手消費者金融3社を紹介!

30日間無利息サービスは「初めて利用する方」という基本的な条件は各社同じですが、その他の内容や条件は少しずつ異なっています。
では、利用者数が多い大手消費者金融プロミス、アコム、アイフルの3社のサービス内容を見てみましょう。

 

プロミスの30日間無利息サービス

プロミスで無利息サービスを利用するには、以下の3つの条件を全て満たしている必要があります。
書面の受け取り方法などを申し込み時に間違えて選択しないように気をつけて下さい。

 

  • プロミスとはじめて契約する
  • Eメールアドレスを登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

プロミスでは、初回利用の翌日から30日間が無利息となります。
契約日に左右されず、自分の都合の良いタイミングで無利息期間を開始することができるのが魅力です。

 

アコムの無利息サービス

アコムの利用条件は2つあります。

  • アコムを初めて利用する
  • 返済日を「35日ごと」に設定

注意したいのが2つ目の返済条件です。
返済期日を「毎月指定期日」に設定してしまうと、無利息サービスが適用されません。

 

また、無利息期間についても注意が必要です。
アコムの無利息期間は「契約日の翌日から30日間」です。
「借入日の翌日から30日」が無利息となるプロミスとは違い、アコムの場合は契約をしたら利用しなくても翌日から無利息期間のカウントが始まります。
つまり、契約日翌日から20日目に借入をすると、無利息期間は10日しか残っていないということになります。
貴重な無利息期間を有効に使えるように契約後にはできるだけ早く借入れをしましょう。

 

アイフルの無利息サービス

平成28年2月からアイフルでも無利息サービスの取り扱いが始まりました。
アイフルでは次のような利用条件を満たす必要があります。

  • アイフルを初めて利用する
  • 無担保キャッシングローンを利用する

アイフルはおまとめローンや借り換えローン、事業サポート無担保ローンなど、様々な種類の商品がありますが、サービスの対象となるのは通常のカードローン商品に限ります。
そして、無利息期間はアイフルもアコムと同じ形態で、契約日から最大30日間となっています。
無利息でお得に借りたい方はできるだけ早く借り入れをするのが鉄則です。

 

その他にも新生銀行レイクなど無利息サービスを実施している金融機関はありますが、こちらも今回紹介した3社とは条件や期間などが異なります。
利用前には適用条件や期間をよく確認しておきましょう。

 

無利息期間の有無で利息はどう変わる?低金利の銀行と比べた場合は?シミュレーションで検証!

その名前だけでもお得感がありそうな「30日間無利息サービス」ですが、実際にはどのくらいの利息が得になるのでしょうか。

 

例として借入金額30万円、返済回数12回の場合、正規の金利18.0%がかかった時と無利息サービスが適用された時のシミュレーションをそれぞれ比較してみましょう。

  • 正規金利 18.0%…支払利息総額30,044円
  • 無利息期間30日(以降18.0%適用)…支払利息総額25,544円

無利息サービスが適用されたケースでは初回30日間の利息 4,500円が0円になるので、その分利息が少なくなります。
更に、同条件で50万円借入の場合は7,500円、60万円では9,000円と借入金額が大きくなればなるほど、正規金利と比べた支払利息に差が出てきます。
無利息期間の有無だけでこのような差が出るのであれば、無利息サービスのある消費者金融を利用したいという気持ちになるのではないでしょうか。

 

この「30日間無利息サービス」は消費者金融を中心に実施されているサービスです。
銀行でも期間限定で利息キャッシュバックキャンペーンを行う時もありますが、消費者金融のように常時開催されているわけではありません。

 

しかし、銀行カードローンは消費者金融よりも低金利という強みがあります。
では、銀行の無利息サービスのついていない低金利のローンと比較した場合はどちらが得になるのでしょうか。

 

下記は先程と同条件の30万円借入、12回返済、銀行カードローンの平均的な金利である14.5%の場合のシミュレーションです。

  • 銀行カードローン 14.5%…支払利息総額24,076円

低金利のカードローンの場合、無利息サービスを利用したケースよりもわずかに支払利息総額が少ないという結果となりました。
これは無利息サービス期間終了後から11ヶ月間、正規金利18.0%で利息付与されるためです。

 

この結果を見ると「やっぱり無利息期間があっても、低金利の銀行の方が得」と思ってしまいますが、実は常に銀行カードローンの方が得になるとは限りません。
例えば30万円を6回返済で借りた場合は、利息支払額はそれぞれ以下のような結果となります。

  • 無利息期間あり(以降18.0%)…11,443円
  • 銀行カードローン 14.5%…12,812円

このように返済期間が短い場合は、金利が高くても無利息サービスありの方が得になります。
判断に迷った場合は借入前に返済シミュレーションをして、返済期間によって使い分けをすると良いでしょう。
もちろん、いくら借りたとしても無利息期間中に全額返済することができれば支払利息も0円となり、実質的な利息負担はありませんので繰上返済ができる見込みのある方は積極的に無利息サービスを活用しましょう。

 

参考:銀行でお金を借りる方法

 

利用して損はなし!消費者金融が初めての方はまずは無利息期間でお試しを

「消費者金融は金利が高いので利用する勇気がない…」と敬遠していた方も、無利息サービスを利用すれば30日間は利息の心配をせずに借入をすることができます。
特に、期間内に完済できる予定の方や短期間での借入を考えている方はこのサービスのメリットをより実感できるでしょう。
無利息期間中なら何度借入、返済しても利息はかからないので、まずは無利息サービスを利用して消費者金融の使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

 

無利息期間がある消費者金融でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


無利息でお金を借りる!裏ワザでも何でもない30日間無利息サービスとは?

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


無利息でお金を借りる!裏ワザでも何でもない30日間無利息サービスとは?

 

プロミス

無利息でお金を借りる!裏ワザでも何でもない30日間無利息サービスとは?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


無利息でお金を借りる!裏ワザでも何でもない30日間無利息サービスとは?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

 

関連ページ

初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由
はじめてお金を借りる場合、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!
今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。
今日中にお金が借りたい!そんな人でも安心の即日融資カードローンとは?
急な出費でお金が必要…!そんなときはカードローンに頼らなければならないことがあると思います。今日中にお金が借りたい時に即日融資が可能なカードローンについて。
消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?
金融機関からお金を借りるという行為には必ず審査がついて回ります。できるだけ通りやすいところを探すのもいいですがカードローンの審査基準を理解して通りやすい属性に自分を引き上げるのが近道です。
正社員だとカードローンの審査に通りやすい? 契約社員や派遣社員は?
以前の消費者金融やキャッシングは「サラ金」と呼ばれて、サラリーマンを対象にした無担保融資で、「厳しい取り立てをする」という悪いイメージがありましたが、最近では消費者金融に対してイメージが良くなっていて、サラリーマンだけではなく公務員や自営業者、そしてアルバイトなど、様々な人が利用するようになっています。ですが、・・・
自営業者がカードローンでお金を借りるには?収入証明がキモ
自営業者はカードローンなどの審査に通りにくいと言うのが定説です。とはいえお金が必要になる場面が発生するのは会社員も自営業も同じです。審査に通るためにはどうすればいいかを解説していきます。
アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準
アルバイトでもカードローンを利用したいと思う場面はあると思いますが、正社員じゃなくても申し込みができるか不安になりますよね。アルバイトでもカードローンがりようできるかを解説。
学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?
学生だってお金に困ることは多々あります。遊びすぎることもあるでしょうし、学校の勉強以外に学びたいことができたけど、親にこれ以上仕送りを頼めないなど、そんなとき学生でも借りれるカードローンが強い味方になります。
学生でも作ることができると評判!楽天カードはなぜ学生でもOKなのか?
楽天カードといえばパンダバージョンのCMでもお馴染みですよね。楽天市場でも便利な楽天カードは学生でも作ることができるのか。気になる学生は要チェック!
個人再生はCICに掲載される!期間や開示方法などを解説
個人再生をすると指定信用情報機関のCICに登録されます。登録される期間や必要な時に覚えておきたい開示方法などを解説。
カードローンを借りる時に保証人は必要? 担保が必要か解説
ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。ただ、お金を借りる時は誰にも知られたくないということがありますよね。そんな人が知っておきたいカードローンの保証人について。
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点
カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。
土日・祝日でも借り入れができるカードローンはどこ?
手元にお金がないのに、土日に急にお金が必要になった…そんな時はカードローンに頼るのもひとつの手です。しかし、土日でも借り入れできるものなの?そんな疑問にお答えします。
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点について
おまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。
カードローンの申し込み時に限度額はどのように決まるのか
カードローンは借入ができる上限額が設定されていますが、初めて申し込む際に限度額はどのように決まるのか気になりますよね。いくら借りられるか利用する前に知っておきたい方はこちら。
カードローンで借りたお金を一括返済できるならしたほうがいい理由とは?
カードローンの返済方法は基本的には残高スライド方式で毎月一定額を返済していくものです。しかし、もし返せるのであれば一括で返済をしてしまった方がいいです。その理由とは?
多重債務の入り口!リボ払いの危険性とは?
リボ払いは上手に利用すれば毎月の返済負担を軽減するのにもってこいな方法ですが、負担がかるすぎて気がつくと大きな金額の借金を抱えているパターンも非常に多く注意が必要です。
カードローンの最低金利で借入することは可能?年利のカラクリについて
カードローンは各会社ごとに上限金利と下限金利が決められています。できれば0.1%でも低い金利で借りたいところですが、金利はどのように決定しているのでしょうか。金利のカラクリについて徹底解説。
最速で利用ができる!三井住友銀行カードローンの強みはコレ!
みずほ銀行のカードローン、審査は厳しい?通らない原因は?
審査なし?超低金利?そんなキャッシングに要注意!そのカードローン闇金ですよ
審査なしでキャッシング、超低金利でキャッシング。こんな誘いや広告を見ても申し込んではいけません。
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法
お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。
消費者金融の金利はなぜ銀行より高いのか?資金調達先に理由あり
カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?
カードローンでお金を借りる際に選ぶのに困るほど多くのローン商品が存在します。だからといってなんとなく決めてしまってはいけません。自分の目的に合わせて3つの比較軸でベストな選択をしてください。
フリーローンでお金を借りる場合の審査、借り入れ、返済の流れ
フリーローンという名称のローンがありますがどのようなローンかを説明できますか?カードローンとは違うフリーローンの特徴について解説していきます。
2社目、3社目を新規でお金を借りる?増額で融資枠を増やす?どっちがメリットあるのか
カードローンやキャッシングでお金を借り限度額まで使ってしまった場合、2社目、3社目と申込みを続ける人がいます。ただこれは自分の首が絞まるだけなので、できるだけ増額しながら利用しましょう。
個人間融資でお金を借りるのは危険?闇金の可能性大だから気をつけよう
個人間融資の掲示板があるのをご存知でしょうか?ネット上にはこのようなあやしいものがごろごろ転がっていますが決して騙されてはいけません。闇金の温床にもなっていることをきちんと理解しましょう。
総量規制対象外・例外と対象になるカードローンの違いとは
お金を借りる際に気をつけておきたい総量規制ですが、対象外と例外が存在します。すでに借入がある方は個々の違いをきちんと理解して申し込むようにしましょう。
連帯保証人と保証人の違いとお金を借りる際に必要になる借り入れは?
保証人と連帯保証人という言葉はじつは違う意味を持つものです。またそれぞれ必要になる借入についても解説していきます。
お金を借りる時に必要な保証会社とは?保証人との違い
無担保、無保証人のローン商品は、ほぼ保証会社の保証がついてくることをご存知でしょうか?今や見かけなくなった保証人、連帯保証人の代わりとなる保証会社とはどんなものかを解説していきます。
収入証明不要でお金を借りるには?今は少額しか無理って本当?
ほんの少し前までは、世の中のカードローン広告で収入証明不要!という文字が乱立していましたが、最近は全く見なくなりましたね。現在でも収入証明不要で借りることができるかを解説します。