教育一般貸付はどんな条件の人がお金を借りられるの?

 

この教育一般貸付は、日本政策金融公庫という国の機関が融資を行っているローンです。
一般的な消費者金融のキャッシングより金利は安くお金を借りることができ、固定金利で返済期間も15年と長く返済計画を立てやすい商品です。

 

また、中学校卒業以上の子どものための幅広い使途のために使うことのできるローンですから、子どものためにお金を必要とするさまざまなケースにおいて役立てることもできるのです。

 

では、教育一般貸付を受けるための条件について確認していきましょう。
中学校を卒業した子どもが融資の対象となる学校へ入学される保護者が貸付対象となり、以下の通り世帯年収の上限があります。

  • 子ども1人の場合:790万円 (事業所得者の場合:590万円)
  • 子ども2人の場合:890万円 (事業所得者の場合:680万円)
  • 子ども3人の場合:990万円 (事業所得者の場合:770万円)

以降子どもの数が増えるにしたがって所得の上限も少しずつあがっていきます。

 

この世帯年収とは世帯主の年収だけでなく、配偶者の所得も含まれるため、合算してこの数字を上回る場合には融資の適用外となります。

 

世帯年収の下限は設けられはいませんが、年収に対して融資金額が多すぎると判断された場合には返済が危ぶまれると判断され、融資を断られるケースもあります。

 

融資の対象となる教育機関は高等学校・短大・大学・大学院のほか、予備校や各種専門学校、特別支援学校(高等部)など幅広く、半年以上通い続けることが条件です。
この学校に通うための授業料や入学金に使途が限定されるわけではなく、個人的に生活費から捻出するような受験時の遠征費用や教材費、修学旅行の費用なども使途対象となります。

 

参考:急ぎで必要なら即日融資のカードローン

 

教育一般貸付の申込方法と条件を確認!

次に、申込方法と融資の詳細な条件についてご説明していきましょう。

 

申込は日本政策金融公庫のホームページから24時間365日行うことができます。
日本政策金融公庫の全国の関連支店や、銀行や信用金庫などでも直接の申込が可能です。
また、郵送での申込も可能ですが、この場合はあらかじめコールセンターへ連絡して借入申込書を取寄せ、記入する必要があります。

 

申込時に必要な書類は、

  • 世帯全員が記載された住民票
  • 運転免許証またはパスポート
  • 源泉徴収票または確定申告書
  • 預金通帳

などが必要になります。
注意点として、
預金通帳には住宅ローンまたは家賃、公共料金の支払状況が確認できるものが必要です。
公共料金をコンビニで支払っている場合にはその領収書、クレジットカードでの支払の場合にはその明細書が必要になります。

 

またこのほか、限定条件で必要になる書類があります。
申込内容が入学資金とする場合には、合格を証明できる合格通知書などが必要となりますが、もちろん合格前の申込時には不要です。
在学資金の場合には、在学を確認できる学生証、授業料納付通知書などが必要です。
このほかにも使途条件によっては必要となる書類がありますので、事前に公式ホームページでしっかりチェックして申込時にあわてないように気をつけておきます。

 

これら書類を用意して申込後、およそ10日ほどで審査結果が連絡されます。
無事審査通過となれば郵送か来店にて契約を行いますが、契約の際には、別途必要書類を用意しなければいけません。

 

一通りあげていくと、印鑑証明書、入学資金として利用する場合には合格を確認できる合格通知書などの書類、自動振替による返済を行う場合には預金口座振替利用届、そして融資金の送金先口座の預金通帳が必要になります。

 

その提出後10日ほどで、指定口座へ融資されます。
つまり申し込みから融資まで、およそ20日ほど掛かるという計算になります。

 

この教育一般貸付の融資限度額は子ども一人当たり350万円です。
海外留学資金の場合には、450万円以内とされています。

 

金利は固定金利ですが、金融情勢により変動しますので必ず最新の情報を確認しておきます。
返済期間は基本的に15年までとされていますが、一人親家庭や交通遺児家庭、世帯年収の条件によっては最大18年以内までとされています。

 

返済方法は元利均等返済です。
ただし在学期間中は利息のみの返済も可能となっていますので、余裕をもった計画を立てやすくなっています。

 

保証に関しては、申込時に連帯保証人を立てるか、あるいは教育資金融資保証基金を利用するかを選択します。

 

教育資金融資保証基金とは、連帯保証人の代わりに融資の保証を行う機関です。
この基金を利用した場合、返済期間や元金の据置期間により計算された保証料が融資金から一定額差し引かれる形になります。

 

たとえば100万円の融資で契約を行っても、この保証基金を利用した場合保証料分の金額をあらかじめ引かれた金額が振り込まれる、ということです。

 

このように金利条件については一般的なキャッシングに比べてだいぶ優遇されている点が多くありますが、用意しなくてはいけない書類が多くあったり、保証制度を理解しておく必要があるなど、事前にしっかりと理解、準備をしておくことは重要なことだといえます。

 

申し込む前に知っておきたい教育一般貸付の注意点

この教育一般貸付は低金利であり使用用途も広いため、人気のあるローンです。

 

そのため、時期によっては申込が殺到して、通常より手続きに時間が掛かる場合もあります。

 

どんなときかというと、それは受験シーズンから合格発表前後の時期です。
ですので、たとえば入学金のために教育一般貸付を利用したいのであれば、その振込期限の一月か二月前には申込を行っておくと安心です。

 

もし不合格などの理由により不要となったときでも申込をキャンセルすることは可能ですので、「利用する可能性がある」と考えた段階で念のために申し込んでおくと良いでしょう。

 

また、万一のリスクとして知っておきたいこととして、この教育一般貸付は団体信用生命保険には加盟していないということをあげておきます。

 

団体信用生命保険とは、借主に不慮のことがあり支払い不能となった場合、保険会社が残りの支払いを代わりに行ってくれるというものです。

 

つまりこの団体信用生命保険に加盟していない教育一般貸付の場合、融資の返済を行う保護者が支払えなくなると、代理として子ども自身や配偶者など近親者に残りの返済の負担が必ず掛かってくるのです。

 

一般的な教育ローンにはこの団体信用生命保険に加盟しているところが少なくありませんが、その代わり金利が高いなど教育一般貸付より融資のハードルが高い場合があります。

 

これらの注意点を理解しておく必要はもちろんありますが、国の提供している商品だけあって、子どものために役立つ汎用性の高いローンであることもまた確かなことです。

 

利用するかどうか判断するのはあくまで自分と家族です。
しっかり長所と短所を見極めて考えることが重要だといえるでしょう。

 

今日必要なら即日融資でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


教育一般貸付でお金を借りる方法

 

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


教育一般貸付でお金を借りる方法

 

プロミス

教育一般貸付でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


教育一般貸付でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

関連ページ

求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法
国や自治体といった公的な機関からお金を借りる制度があるのはご存知でしょうか?審査や条件が厳しく時間もかかりますが、最も低金利で融資を受けられる手段ですので人文の目的と照らし合わせてみてみましょう。
母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法
母子家庭・父子家庭のひとり親の家庭に対して融資で支援する制度があります。条件に合致する方は利用しない手はありませんので確認してみてください。
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法
厚生労働省管轄の融資制度が生活福祉資金貸付制度ですが、低所得であったり、65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者いる世帯など、民間の銀行や消費者金融で借りにくい層の方たち向けの融資せいどになります。
年金担保貸付でお金を借りる方法
年金担保貸付とはその名の通り年金を担保にして借り入れを行うローンです。年金さえ受け取っていれば申し込めるローンですが担保が大事な年金になりますので利用には注意が必要です。