ジャパンネット銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

インターネット銀行の大手ジャパンネット銀行。
以前は個人向けカードローンの提供をしていましたが、現在は新規受付を停止して、代わりにネットキャッシングとしてお金を借りることができます。

 

ジャパンネット銀行の特徴は、最高限度額1,000万円(借入最低単位1円から)、金利年2.5%〜18%、審査申し込みはネットで完結できますし、はじめての借入から30日間の無利息期間サービスの提供など、顧客にとって嬉しいサービスが盛りだくさんですね。

 

このページでは、ジャパンネット銀行のネットキャッシングについて興味のある人を対象に、わかりやすく丁寧に解説していきます。

合わせて読みたい関連記事

 

ジャパンネット銀行でお金を借りる方法!審査申込条件は厳しいの?

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングでは、銀行口座を開設しなければなりません。

 

すでにジャパンネット銀行の口座を所有している人は問題ありませんが、所有していない場合は同時に申し込む形になります。

 

そして、以下の条件を満たしていなければ審査に通ることはありません。

 

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の人
  • 安定した収入のある人(配偶者に収入があれば専業主婦でも可能)
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人

難しい審査条件を提示しているわけではありませんね。
また、専業主婦でも審査に申し込めるため、そこまで厳しい審査基準ではないでしょう。

 

ジャパンネット銀行の審査申込は、とても単純な手順で完了します。

 

審査基準について詳しく説明してるのはコチラ

 

  1. 申込フォームで個人情報の入力
  2. 本人確認資料や収入証明書類の提出
  3. 審査結果の連絡をメールで受け取る
  4. 限度額内であれば何度でも借入可能

書類の提出方法は、画像アップロード・FAX・郵送から選べます。
スムーズに審査を進めたい場合は、画像アップロードのほうが手っ取り早いでしょう。

 

提出できる本人確認書類

 

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑証明書
  • 住民票の写し
  • 各種年金手帳+補助資料
  • 身体障害者手帳を含む各種福祉手帳+補助資料

 

提出できる収入証明書類

 

収入証明書類は給与所得者と個人事業主によって異なります。

 

給与所得者

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 住民税課税証明書
  • 勤続年数1年未満の人は給与明細書(直近3ヶ月分のコピー)
個人事業主

 

  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 住民税課税証明書
  • 住民税納税通知書

本人確認書類も収入証明書類もスマホやデジカメで画像化したうえでアップロードする場合は、鮮明に写っているか画面から切れていないか、よく確認しましょう。
些細なミスでも再提出になりますので、結果的に融資まで遅くなってしまいます。

 

在籍確認

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、審査に申し込みした場合、勤務先に在籍確認の電話連絡があることを明記しています。
ローンに関する電話であることは伝えませんので、職場の人にキャッシングの在籍確認だとバレることはありません。

 

もしもなんらかの事情で在籍確認が失敗してしまうと、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの審査に通ることは絶対にないので、職場の人に自分あての電話がある旨などを事前に伝えて、失敗する可能性を少しでも減らしましょう。

消費者金融なら在籍確認の電話連絡が無いところもあります

 

ジャパンネット銀行はいくらまで借りられる!?最大限度額は高め?

ジャパンネット銀行は最大借入限度額1,000万円です。
1,000万円もの大金を借りられるキャッシングは数少ないので、大口の融資を必要だと判断している人は前向きに検討するべきでしょう。

 

しかし、誰でも1,000万円借りられるわけではありません。

 

ジャパンネット銀行の所定の審査基準によって限度額は決定され、最初から大金を借りられるケースは非常に珍しいでしょう。
最初は50万円以下の借入限度額でも付き合いを続けていくうちに、限度額アップの打診があったり申請ができたりします。

 

ジャパンネット銀行の適用金利は?消費者金融よりも本当にお得?

ジャパンネット銀行の適用金利は、利用限度額によって異なります。
以下に利用限度額と適用金利を示した表を用意しましたので、参考にしてくださいね。

 

利用限度額 適用金利(%)
1,000万円 2.5
900万円以上1,000万円未満 3.0
800万円以上900万円未満 3.5
700万円以上800万円未満 4.0
600万円以上700万円未満 5.0
500万円以上600万円未満 5.5
400万円以上500万円未満 6.0
300万円以上400万円未満 6.5
250万円以上300万円未満 8.0
200万円以上250万円未満 10.0
150万円以上200万円未満 12.0
100万円以上150万円未満 15.0
100万円未満 18.0

ジャパンネット銀行の上限金利は年18.0%で、これは大手消費者金融の上限金利とほぼ同じですが、無利息期間サービスを提供している点も似ていますね。
はじめての借入から30日間は無利息でお金を借りられますので、短期間に返済できる場合は他社の低金利キャッシングよりもお得になるかもしれません。

 

ジャパンネット銀行の返済について!返済方法から返済金額まで徹底解説!

 

ジャパンネット銀行の約定返済日は、毎月1日〜28日のあいだで自由に選べます※。
※約定返済日が土日祝日でも当日が返済日になります。

 

返済方法は、ジャパンネット銀行の普通預金口座から自動引き落とし。
自動引き落としは便利な反面、口座残高不足で返済できていなかったというケースがありますので、数日前に口座残高を確認するなどして注意しましょう。

 

約定返済額は、毎月の約定返済日前日の最終借入残高によって決まります。
また、ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは、「残高スライド元利定額返済方式(A)」と「残高スライド元利定額返済方式(B)」があります。

 

残高スライド元利定額返済方式(A)は、返済額が少なめに設定しています。
残高スライド元利定額返済方式(B)は、返済額が多めに設定しています。

 

少額で長期間返済を続けたい場合は残高スライド元利定額返済方式(A)を選び、短期間に返済したい場合は残高スライド元利定額返済方式(B)を選ぶべきでしょう。
もちろん総返済額を抑えるのであれば、残高スライド元利定額返済方式(B)を選ばなければなりませんが、生活を圧迫してまで慌てて返済する必要はないので、よく考えるべきかもしれませんね。

 

残高スライド元利定額返済方式(A)

約定返済日前日の最終借入残高 約定返済額
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超80万円以下 15,000円
80万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 25,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超250万円以下 35,000円

 

残高スライド元利定額返済方式(B)

約定返済日前日の最終借入残高 約定返済額
50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 50,000円
300万円超400万円以下 60,000円
400万円超500万円以下 70,000円
500万円超600万円以下 80,000円
600万円超700万円以下 90,000円
700万円超800万円以下 100,000円
900万円超1,000万円以下 120,000円

約定返済日に遅れると上記の金額に遅延損害金が付加してしまいます。
個人信用情報機関の履歴をブラックにしないためにも、約定返済日はかならず守るようにしましょう。

合わせて読みたい関連記事

 

【まとめ】ジャパンネット銀行の注意点やメリットはこれ!

 

以上に説明してきましたように、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、個人でもお金を借りることができます。

 

安定した収入を得ている人は誰でも借りられる可能性がありますし、配偶者の方が安定した収入を得ていれば専業主婦の方でも融資を受けられるかもしれません。

 

ジャパンネット銀行は最大借入限度額1,000万円で、まとまったお金を借りたい人は向いているキャッシング業者でしょう。
また、上限金利は消費者金融並みですが、無利息期間サービスの提供もしており、短期間に返済できる人であれば積極的に検討するべきかもしれませんね。
特に銀行のキャッシングで無利息期間サービスを提供しているところは非常に少ないので、今後人気になっていく可能性は高いですね。

 

それでは、ジャパンネット銀行のネットキャッシングに興味を持った人は、さっそく審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

他にも銀行の借り入れ方法が気になるかたはコチラもどうぞ!

 

即日融資が希望なら消費者金融がオススメです

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。

もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


ジャパンネット銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


ジャパンネット銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

プロミス

ジャパンネット銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


ジャパンネット銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース