ジェイスコアでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】

ソフトバンクとみずほ銀行が強力タッグ!
今話題の人口知能AIによる審査が決めてのジェイスコアが、昨今大きな話題を呼んでいます。

 

消費者金融、銀行カードローンとは何が違うの?という疑問から、審査の方法にお金の借り方まで、今回はジェイスコアによる融資を徹底解説したいと思います。

 

参考

消費者金融でお金を借りる方法

銀行でお金を借りる方法

 

今話題の消費者金融ジェイスコアって?ゲーム感覚で審査に臨める、新しいタイプの消費者金融!

ここでは皆さんが気になって仕方ない、ジェイスコアの特徴からそのお金を借りるまでのシステムについて、詳しくお話ししたいと思います。

 

J.Score(ジェイスコア)って何?

2016年11月1日、みずほ銀行とソフトバンクによる新しい貸金業者J.Score(ジェイスコア)が生まれました。

 

J.Score(ジェイスコア)はつまるところ銀行カードローンではなく、総量規制の範囲内でお金を借入出来る消費者金融のくくりと考えていいでしょう。
J.Score(ジェイスコア)が他の貸金業者や銀行と異なる点は、審査に人口知能、つまりAIを導入している点に尽きます。

 

利用者の年収や信用情報、性格から生活習慣までありとあらゆる情報を入力し、それを人口知能AIが分析、スコアリングし、貸付の可否から限度額を決定するという、まさに時代の最先端を行く貸金業者なんです。

 

J.Score(ジェイスコア)の特徴まとめ

みずほ銀行による融資と審査ノウハウ、ソフトバンクが持つ膨大な顧客データー、この2社が強力タッグを組んだ以上、もはや右に出る貸金業者はいない!と言ってもオーバーではありません。

 

人口知能AIが審査をするということ自体が異端なのですが、それ以上に他では見られない特徴もワンサカ。
ここでは簡単に分かりやすく、J.Score(ジェイスコア)が持つ特出すべき特徴をまとめてみたいと思います。

@年利0.9〜12%という驚異的な低金利
A10万円の小口融資から1000万円までの大口融資まで対応
B最短30分融資、即日での振り込み融資も可能
Cみずほ銀行の口座所持、ソフトバンクを利用していれば金利優遇!
D初回に限り、契約翌月までの利息分キャッシュバックが利用可能
E振込手数料0円!
F人口知能AIによる基本スコア算出後に、追加情報を入力すればスコアアップも可能

 

押さえておきたい最小ポイントのみ独断と偏見で抜粋してみましたが、いかにJ.Score(ジェイスコア)が優秀でそして低金利で借入出来るか分かっていただけたでしょうか?

 

また正社員、アルバイト、個人事業主に年金受給者など、多くの属性の方が利用可能なので、万人におすすめ出来る融資方法とも言えるでしょう。

 

人口知能AIによる審査基準って?謎めくJ.Score(ジェイスコア)の審査方法とその難易度について

機械にお金の貸し借りの判断なんか出来るのか!?と怒号が飛んできそうですが、スコアリングには人の主観が入らないので、AIのスコアリングは万人に公平に分析が可能なのです。

 

ここでは最も気になるJ.Score(ジェイスコア)の審査方法、そしてその難易度について考察していきたいと思います。

 

J.Score(ジェイスコア)の利用条件について

J.Score(ジェイスコア)の基本的な利用条件は、他社の消費者金融、銀行カードローンと変わりありません。

@毎月の定収入があること
A年齢が20歳以上70歳以下であること
B日本国内に在住していること
(日本人以外の外国人でも利用可能)

この他にもJ.Score(ジェイスコア)は消費者金融の括りで融資を行っている為、年収の1/3以上の借入はNG!
そして50万円以上の借入、または他社からの借入合計額が100万円以上になる場合に限り、収入証明の提出が義務付けられています。

 

参考:消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?

 

AIによるスコアリングシステム

それぞれの職種や勤続歴や家族構成などをデーターとして分析し、AIが400〜1000点満点で、顧客をスコアリングします。
この点数によって適応される限度額、金利が決まる訳ですが、J.Score(ジェイスコア)ではAIによるスコアリングで600点以上の場合に限り申込みが可能になるという斬新なシステム!
ただしAIスコア診断によって算出された金額が、そのまま借入限度額に適応される訳ではなく、あくまで仮審査、本審査の結果を踏まえて最終的な融資金額が決まります。

 

消費者金融や銀行カードローンを申し込む際も、様々な質問事項に応える必要がありますが、スコアリングに関連する基本的な質問項目は大差ありません。
しかしAIとのやり取りも、機械的に画面に答えを入力するのとは異なり、まるで誰かとラインをしているかのようなやり取りで、AIスコア診断が行われます。

 

AIスコア診断で算出されたスコアが600点に満たない場合は、それで終了!と思いきや、ライフスタイルや金銭感覚、性格などの追加項目を漏れなく答えていくと、基本スコアプラスαの点数稼ぎが可能なのも特徴的ですね。
ただし基本的には最初の質問で算出されたスコアがベースになるので、追加項目での劇的なスコア稼ぎは期待してはなりません。
あくまで570点、580点のスコアの方が、あと少しで600点!に下駄を履かせる程度の、スコアアップにしかならないということを覚えておきましょう。

 

果たしてJ.Score(ジェイスコア)の審査難易度は高いのか?

J.Score(ジェイスコア)の審査難易度が消費者金融より高いのは、もはや言うまでもありません。
そして銀行と比べるとどうなのか?という疑問に関しては、決して銀行よりも審査が易しいという訳ではありません。

 

最大金利が12%という驚異的な低金利が故、まずAIによるスコア算出で、なかなか高得点が出にくい点こそが、J.Score(ジェイスコア)最大の鬼門になってくるのです。
1000点中の6割、つまりテストで言えば60点が最低融資ラインとして設定されている訳ですが、600点を超えるスペックの人はそうそう多くないはず。

 

利用条件をクリアしていればとりあえずのスコア算出は出来ますが、特に他社からの借入条件に関しては大変厳しく審査されるので、万人向けの使いやすい消費者金融とは決して言えません。
お金を借入するのは初めて!または既に他社からの借入は完済したけれど、またお金を借りたい!という方向けの消費者金融となっています。

 

自信がない方は登録の必要のない、デモ形式のお試し審査も利用可能なので、本番前に一度トライしてみるのもおすすめです。

 

今すぐ借りたい!J.Score(ジェイスコア)の申込み手順、必要書類に融資方法まで徹底解説!

ここではJ.Score(ジェイスコア)を申し込みする際のステップを、順を追いながら解説していきたいと思います。

 

J.Score(ジェイスコア)の申し込み手順について

@メールアドレスで登録、パスワードを設定してアカウントを作成

A個人情報を答えてAIスコアを習得!
(スコアを上げようと虚偽の情報を入力しても、その後の仮審査・本審査では人の手によるチェックが入るので、嘘は100%バレてしまいます!)

B借入を希望する場合は申し込みをする
(仮審査をする前に、個人情報や勤務先の情報などを細かく入力します。)

C仮審査
(過去に事故情報がないかをチェックするのはこの段階で確認が入ります!また仮審査の結果はメールで分かりますが、「お申込み・審査状況確認」の事項で審査結果を確認することも可能です)

D必要書類を提出
(仮審査に通過し、在籍確認について何か疑問や希望がある場合は、この段階でなるべく早めに連絡をしてください。)

E在籍確認電話

F本審査
(在籍確認で本当に勤務をしているのかを、必要書類からは個人情報や年収がスコアリングの情報と異なっていないか?などを厳しくチェック!)

G契約手続き、融資
(融資は振込融資のみです。またみずほ銀行の口座が必須という訳ではなく、登録した銀行口座への振り込みが可能。)

H返済
(返済に関しては、初回返済日から完済まで返済が一定の残高スライドリボルビング方式となっており、口座振替、Pay - easyまたは銀行振り込みで返済が可能です。)

という流れになっています。

 

このステップを見ればわかると思いますが、全てウェブ上で完結し、融資は振込のみ、そして紙面のやり取りが一切ないので、極力身バレを防いでお金を借りることが可能なのです。

 

ここで一つ注意点として、仮審査、本審査の審査結果は、数十分で判明することはなく、基本的に1〜2時間の時間を要する為、特に金曜日に即日融資を希望している方は、早め早めの申し込みが必須になってきます。

 

J.Score(ジェイスコア)に必要な書類と、提出するタイミング

J.Score(ジェイスコア)でお金を借入する際に必要な書類は、

@本人確認書類
(運転免許証、パスポートやマイナンバーなどの写真付きのもの)
A収入証明書
(50万円以上の借入、または他社との借入総額が100万円を超える場合、給与明細×2か月分、源泉徴収証や確定申告書などが必要)

となっており、もはや他の消費者金融、銀行と変わらぬ内容となっています。

 

必要書類の提出のタイミングは、AIによるスコアリングと申し込みが終わり、その後に行われる仮審査に通過した後に必要書類を提出しましょう。
勿論これらの書類は郵送ではなく、スマホなどで撮影したものをウェブ上にアップロードする形なので、とてもシンプル!

 

ただし収入証明書に関しては、直ぐに手元に用意できるものではないので、50万円以上の借入を希望する方は、事前に用意してから審査に臨みましょう。

 

J.Score(ジェイスコア)でお金を借入れるメリットとデメリット

 

「人工知能なんて末恐ろしい!」
「AIが私達の仕事を奪って、いずれは人間を支配するんだわ!」

 

非常にネガティブで背筋がゾクッとする出来事も伝わっていますが、J.Score(ジェイスコア)はあくまで審査の一部をAIが担っているだけなので、過度な心配はご無用です。
ここでは人口知能AIが審査に参画するJ.Score(ジェイスコア)を利用するにあたり、決めてとなるそのメリット、そしてその低金利の影に隠れてしまいがちなデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

J.Score(ジェイスコア)のメリット

前述のJ.Score(ジェイスコア)の特徴でも述べましたが、とにかくその金利の低さは折り紙付き!
最低金利0.9%で借入出来るパターンは、ほぼマックスの限度額でしか適応されませんが、例えばたった10万円の融資でも12%で借入出来るのはもはや消費者金融では考えられません。

 

また銀行カードローンではないので、2018年に導入される警視庁へのデーターベース照会の対象外になる為、消費者金融と同じく迅速審査・即日融資も可能な点は見逃せませんね。

 

適応金利や融資限度額がスコアリングの段階で明確に示されるのも嬉しいですが、みずほ銀行口座を所持しているだけで金利−0.1%。
更にソフトバンクの携帯電話サービスを利用している方は、そこから更に−0.1%と、金利年率が下がる点も決して無視出来ません。

 

審査に関しては、なかなか厳しい点は否めませんが、実際消費者金融や銀行カードローンの審査に通過出来なかった方も、アレヨアレヨとJ.Score(ジェイスコア)の審査に通過してお金を借りれた!という方も少なくないので、気になる方は是非一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

 

J.Score(ジェイスコア)のデメリット

消費者金融と銀行のいいとこ取りのようなJ.Score(ジェイスコア)による、AIスコアレンディングですが、上記のメリットだけでなく、勿論デメリットも存在します。

 

例えばJ.Score(ジェイスコア)では、ローンカードそのものがないので、コンビニや銀行のATMで気軽にお金をおろせないという点に苛立ちを覚える方は少なくありません。
勿論ネットバンクによる振り込み手数料は、J.Score(ジェイスコア)側が負担してくれるので、実質こちらの負担はゼロで済むのですが……

 

WEBでゲーム感覚で申込み出来て、更に迅速審査が期待出来る訳ですが、即日融資を狙っている方は銀行の営業時間には細心の注意を図る必要があります。

 

また銀行カードローンと同じく週末・祝日を挟む際は、審査そして振込は、週明けになる点も注意です!
J.Score(ジェイスコア)の審査時間は平日の9時〜18時となっており、即日融資は14時45分までの振り込み依頼までなので注意してくださいね。
(14時45分までに振り込み依頼をすれば、瞬時に振り込みが完了します)

 

J.Score(ジェイスコア)はまだまだ世間的にも、その存在自体が知られておらず、そのサービスの展開そしてその向上に関しては発展途上です。
今後のサービスにより一層期待をせずにはいられないJ.Score(ジェイスコア)ではありますが、J.Score(ジェイスコア)を利用する際は、そのメリットとデメリットをよく理解してから、申込みをしてくださいね。

 

在籍確認回避可能?即日融資は?J.Score(ジェイスコア)の融資に関するQ&Aまとめ

最後によく聞かれるJ.Score(ジェイスコア)による借入の疑問点について、考察してみたいと思います。

 

専業主婦でも借入可能?

収入の全くない専業主婦は、毎月の安定した収入が期待出来ない為、J.Score(ジェイスコア)での借入は不可能です。
ただし数日のアルバイトやパート、在宅ワークで収入がある場合は、借入の可能性も十分あり得ます。

 

また配偶者の収入を合算して借入可能な配偶者貸付サービスは受け付けていないので、配偶者貸付を希望の方は、大手消費者金融以外の中小規模の消費者金融のドアを叩きましょう。

 

参考:専業主婦がお金を借りる方法!配偶者貸付制度は消費者金融では使えない?

在籍確認を書類で済ませることは出来るのか?

基本的にJ.Score(ジェイスコア)の審査で在籍確認電話は外せないステップになっていますが、ケースバイケースで収入証明を在籍確認の代わりに利用することも可能です。
(例えば給与明細2か月分を提出するなど)

スコアリングで600点以上を上回るコツは?

国立大学でセンターの足切りがあるように、J.Score(ジェイスコア)の場合はスコアリングが600を下回った場合は、そもそも申込みすら出来ません。
AIが最低ラインの申込者を吟味している訳ですが、その最低ライン600になかなか到達しない!という方も少なくありません。

 

明確な基準は私達に伝わっていませんが、最低ラインの600点をパスするには、

 

@他社からの借入がない
(これはスコアが極端に落ちる最大の要因です!)
A持ち家である
B安定した収入と3年以上の安定した勤続歴がある
C同時期に複数の貸金業者または銀行に申込んでいない
(申し込みブラックではない)

 

などが特に大きなポイントとなっていると考えられます。

 

例え任意の質問に全て答えても、基本スコアを100点以上上乗せすることはほぼ不可能なので、基本スコアで400点台の方は、あまりジタバタせずに普通の消費者金融を申し込みましょう。

信用情報機関への問い合わせは必須?

J.Score(ジェイスコア)も消費者金融、銀行カードローンと同じく信用情報機関へ信用情報を照会します。
J.Score(ジェイスコア)が加盟している信用情報機関はCICですが、CRINと呼ばれる信用情報共有ネットワークによって、JICC、全国銀行個人信用情報センターの信用情報も筒抜けになるので、過去に一度でも返済が遅れたり、滞納した場合は、J.Score(ジェイスコア)での借入は不可能です。

 

勿論各種ローンだけでなく、クレジットカードのショッピング枠、携帯電話の購入歴もバッチリ覗かれるので、特に携帯電話を賦活購入している方は特に注意が必要です!

 

銀行並みの低金利が魅力!ただしAI→仮審査→本審査の3段階審査が鬼門!年収・信用情報に自信のない方は通常の消費者金融を申込もう

数十万円の小口融資でさえ、銀行カードローン並みの低金利で借入出来る気前の良さ!
スコアリング600点を突破すれば、アルバイトにパートでも借入出来る為、消費者金融の風雲児とも評されるJ.Score(ジェイスコア)。

 

しかし例えAIによるスコアリングで600以上のスコアを記録しても、その後は人による手動審査、在籍確認が必須なので、審査は決して容易とは言えません。
その為、審査に自信のない方は、迷わず従来通りアコムやアイフルなどの消費者金融での借入をおすすめいたします。
しかし利用者のスペックと同様に、今後の将来性にも重きを置いた審査である為、銀行カードローンを利用出来なかった方も、ゲーム感覚でスコアリングを受けてみるのもおすすめです。