FXで資金調達のためにお金を借りるのはNG!自己破産できない訳とは?

心機一転、FXで人生やり直す!
こんな誓いを立てて、FXの世界へ羽ばたく方が少なくありません。
しかし実際FXで大金を稼ぐには、ある程度の軍資金が必要になるのは言わずもがな。
そんな時、サクッと消費者金融でお金を借りて、大勝負に出ることは果たして可能なのか、そしてそれは万人に推奨出来る方法なのか!?
今回はFXの資金調達に関して、徹底検証してみたいと思います!

 

無知が破産を呼ぶ!FXのルールとそのリアルを徹底検証!

ここでは簡単にFXについて学んでみましょう。
初心者にも踏み出しやすいFXですが、一歩間違えると、大変な借金を背負ってしまう可能性も秘めているのです。

 

FXって何だっけ?

 

FXについての詳細なルールに関しては割愛しますが、簡単に説明すると円と外貨(ドル、ユーロやトルコリラ、南アフリカランドなど)などを交換することで利益を出す一種の資産運用の一つです。

 

日々変わる世界の経済事情や今後の動向を注視しながら、いかに世界の通貨が上下するかを予測することで、大きな利益を出すことが可能になります。
例えば100円でアメリカドルを購入した場合、1ドル98円の円安状態になった際は2円の利益が出ることを意味するので、取引金額が多ければ多い程儲けも大きくなります。
(勿論円高の場合は、損失額が大きくなりますが。)

 

FXの特徴として挙げられるのが、

 

  1. 軍資金が少なくてもレバレッジ制度を利用することで、手持ちの25倍までの取引が可能。
  2. (国内の場合)

  3. 各国通貨に適応した金利収入が毎日得られる。
  4. 株と異なり24時間取引が可能な利便性。

などが挙げられます。

 

トイレで踏ん張っている時間や通勤時間などの隙間時間だけで、場所に時間を制限されることなくFX取引が出来、更に数万〜10万円程度の軍資金でスタート出来るので、老若男女問わず人気を博しています。

 

日本円以外にも主要通貨またはマイナー通過同士のFXも可能なので、世界の経済事情を勉強しながら、ちょっとした資産運用が出来るのも人気の秘密です。

当サイトでは他にもあらゆるお金の借り方について紹介しています

 

FXレバレッジ制度という信用取引の罠

自己資金が数百万〜数千万単位あって、それこそFXで食べる意気込みで、FXに臨んでいる方は少ないと思います。
専業主婦やサラリーマンの副業としても人気があるFXの秘密は、前述のレバレッジ制度にあり!

 

つまり最低限の自己資金を信用担保として、FX資金を最大25倍まで購入出来るのですね。
この信用担保の自己資金を証拠金と呼びますが、円安でなった際の儲け分は証拠金にプラスとして蓄積され、円高になった際の損失分も証拠金からマイナスされます。

 

経済事情に詳しくない素人がFXに手を出し、そして予期せぬ為替変化で、多かれ少なかれ借金を背負ってしまうケースがあります。
特に海外FXでは国内のレバレッジ制度のように規制がないため、数百倍のレバレッジで取引も可能なので、為替状況によっては大変な額の借金を背負ってしまうことも少なくありません。

 

低額の軍資金で飛び込め、そして海外のレバレッジ制度を利用することで、一発勝負が出来る未知の可能性を孕んでいるFXですが、FX取引という特徴とリスクをよくよく理解していないと、人生に大きな損失を生んでしまうこともあるのです。

 

次章ではFX取引でお金を借りるというリアルについて迫ってみたいと思います。

信用取引の場合、傷がつくと利用が難しくなるのは消費者金融も同じです

 

【銀行】FXの軍資金をカードローンで補うことは可能?【消費者金融】

FXの資金をカードローンで補う!
ナイスアイデアと思うのか愚かな判断と思うのかはあなた次第。
ここではFXに利用する資金をカードローンで借りることは出来るのか、について調べてみたいと思います。

 

FX利用目的でもカードローン利用は可能だけど……

 

基本的にFX利用目的でのカードローン申込は、不可能ではありません。
昨今銀行カードローンは審査が非常に厳しくなり、警視庁によるデーターベース照会等が必須になっているので、FX利用目的での借入は難しいのが現状ですが、消費者金融での借入は信用情報に傷がない限り可能です。

 

各消費者金融によって利用規約は異なりますが、使用使途に関しては事業用資金以外であれば、使途は問われません。
しかしFXなどの投資やその他ギャンブルに利用することは、多重債務を助長する可能性がある為、表には出さないものの、それらの用途への融資はやはり消極的です。

 

言い換えると「FXで利用するので、お金を借りたいです!」と正直に申告してお金を借入しようとすると、かなり高い確率で審査落ちする可能性アリ!
誰もがギャンブルや投資に夢や人生を賭けている人に、大金は貸したくないですよね?

 

だからと言って、申込の段階で使用使途に嘘をついてしまうと虚偽申告になってしまうので、やはりFX利用目的でのカードローン申込はオススメ出来ません。
個人的にFXを通しての有事の際に慌ててカードローンを申込みするのは推奨出来ませんが、あくまで様々な生活のピンチに備えて、事前にローンカードを持っておくことは一種のお守り的な役割を果たすことは否めません。

お金の借入れ方法について紹介しています

 

余剰資金のお金でFX投資がルール!キャッシングが地獄を呼ぶ?

まず始めに宣言しましょう.!
FXに株式投資、その他のギャンブルに関しても言えることですが、これらに関しては余剰資金で行うのが鉄則であり暗黙のルールとなっています。

 

ここではキャッシングをFXに利用する、その恐ろしさについて考えてみたいと思います。

 

FX資金をキャッシングで補うと大概負けるルール

数万円の自己資金でスタート出来るFXですが、その実態を知り、取引を重ねていくうちに、自己資金が多ければ多いほど儲けが大きいことに気付くはずです。
数千円から数万円の利益で満足する人もいるかもしれませんが、殆どの方は自己資金をどうにかして、ハイレバレッジでドカンと大勝負に出たいと思うもの。

 

その時に候補に挙がるのがカードローンではありますが、借金をしてFXをしている事実は決して意識からは消えません。
いつどんな時でも為替の動向が気になり、借金をして損失を重ねる事実に感じるそのストレスは、自己資金のものとはもはや比べられません。

 

レバレッジ取引で自己資金プラスαを補いたい、または追加の証拠金を支払う為にカードローンを利用したい方は少なくありませんが、自己資金力があっての信用取引が基本です。
銀行、消費者金融によるカードローン、またはクレジットカードによるキャッシング……。
どれをとっても借金を担保に信用取引をしている罪悪感が、いかにあなたの精神力を乱すのかをよくよく考えて、FXという魔物との距離感を保って頂きたいと願うばかりです。

 

カードローン利用がプラスに働く場合はあるのか?

余剰資金とは自分が働いた対価としての余資金であり、カードローンから借入したお金は余剰資金ではなく借金です。
しばしカードローン利用者に見られる傾向として、借入したお金を自分のお金と錯覚してしまう方も少なくありません。

 

このようにカードローンを利用してのFXは、もはやデメリットしか感じ得ないのが事実ですが、なんとかカードローンをFXで有効利用する手段はないのでしょうか?

 

これぞ!と言ったカードローン利用のメリットはありませんが、あえて挙げるとしたら、翌日までに追加で証拠金(追証)を支払う際には、消費者金融のような即日融資が可能なカードローンは魅力的に映るかもしれません。
(あくまで小口融資に限った利用であり、返済の目途が立たない額の追証への建て替えはオススメ出来ません。)

 

ただし総合的に判断して、ギャンブルや投資にカードローンを利用することは、それらの性質上、一発逆転を狙っての限度額マックスでの借入が多い点にこそ問題点があるのです。

 

限度額までを1〜数回に分けて借入することで、果たしてFXで思う通りの利益が得られるのか?
それは神のみぞ知るですが、損害を被った場合は金利をプラスした返済に追われ、更なる消費者金融での借入つまり自転車操業にも繋がりかねない現実を無視することは出来ません。

それでもカードローンを利用したい方はこちらで適正な借入れ方を紹介しています

 

みんな知ってる?FXで作った借金は自己破産出来ないという真実

働き盛りの30、40代、そして団塊の世代の自己破産が増えてきています。
自己破産という最後の砦があるからこそ、借金をしている自分、そして返済に関しての意識が薄らいできているのです。

 

しかしFXの損失が原因でカードローン返済が滞り、借金返済がどうにもならなくなってしまった場合も、すんなり自己破産は可能なのでしょうか?

 

FXで自己破産の原因になる理由を考察してみた

FXで借金を作ってしまうパターンはいくつかに分けられるので、簡単にまとめてみたいと思います。

  1. ハイレバレッジで自爆する。
  2.  

  3. 前述の通り、国内FXだと最高25倍まで、海外FXだと100〜3000倍というあり得ないレバレッジで外貨を動かせます。
  4. 少ない手持ちで勝負に出ることが出来る事実は、しばし諸刃の剣になりかねないことを覚えておきましょう。

     

  5. 発生した追証を支払えない!

追証とは名前の如く、追加で支払う証拠金のことを意味します。

FX会社がそれぞれ設定する最低必要証拠金を支払えばレバレッジ取引が可能になりますが、レバレッジ取引の際に損失分が発生した場合は、損失分を最低必要証拠金から支払わなければなりません。

 

しかし損失分が大きく、各会社が設定する最低担保ラインの必要証拠金を下回ってしまうと、FX会社に対する信用が下がり、レバレッジ取引が出来なくなってしまいます。
この場合、追証と呼ばれる追加の証拠金を支払うことで、最低保証金を維持しながらレバレッジ取引を継続して行うことが出来るのです。

 

この追証はレバレッジの倍率が高ければ高い程、発生しやすい為、手持ちがないギリギリの生活では追証が支払えない場合が多く、カードローン地獄→自己破産を生む要因になっていることは言うまでもありません。

自己破産寸前になっても闇金には手を出してはいけません

 

警告!FXでは自己破産が出来ない?!

手持ちが少なくてもレバレッジ制度を利用すれば大きな勝負に出ることが出来る訳ですが、レバレッジ倍率をかけ過ぎたり、追証が支払えない場合にこそ、頼りにしてしまいがちなのがカードローンそのものなんですね!

 

しかしそれをあてにし過ぎてしまうと、あっという間に返済が間に合わなくなってしまい、「じゃあ破産をするべ!」となった時に更に問題が大発生!

 

そうFX取引などギャンブル、パチンコ、株などで作った借金は、通常自己破産が出来ない可能性が非常に高い事実があるからです。

 

弱者から借金を守る最後の砦の自己破産なのですが、自己破産をするには、裁判所から「自己破産を認める免責」というものを認めてもらう必要があります。
しかし免責許可の決定要件第252条には、「浪費または賭博その他の射幸行為の場合」に関しては、免責の許可が下りないというのです。

 

ただし免責許可が下りる、下りないの最終決定は個々人の支払い能力や債務総額によっても異なり、FXで作った借金=絶対的に自己破産不可とは言えず、あくまでケースバイケースで免責が許可される場合も稀にあり、これを裁量免責と呼びます。

 

実際FXや株で返済しきれない負債を抱え自己破産に臨む方は少なくありませんが、裁量免責が認められないまたは困難な場合などは、任意整理や個人再生をすることで、借金の返済を極力軽減することは可能です。
(任意整理とは、借金の額、金利の軽減を交渉し、支障のない額の返済を行えるようにすることを意味し、個人再生は財産などを維持したまま、最高5000円までに限り、最大1/10程度の借金軽減をする手続きのことを指します。)

 

いずれの場合にしても、優秀な弁護士に相談することが先決なので、自分の場合は自己破産が認められるケースなのか?
それとも収入が安定しているならば、任意整理などをする方向で借金生活にピリオドを打つかを判断してもらい、自分にあった解決策を見つけていきましょう。

自己破産ができない場合でも個人再生という手段がありますがこちらも信用情報のブラックリストには入ってしまいます・・・

 

カードローンの軍資金で行うFXは、あなたの人生を破滅に導く!

ウハウハのFXライフが待っているのか、はたまた人生ジ・エンドとなってしまうのか?
それは誰にも分かりませんが、為替相場というちょっとした事象で上がり下がりしてしまう賭博に、カードローンでお金を借りることは大変な危険を孕んでいます。

 

いつ円安になって利益が出るのか?そしてどんな瞬間に急激な円高になるのかは分かりません。
そして最後の砦である自己破産は、ギャンブルや株式投資での免責は基本的に認められていないので、その資金や返済にカードローンに依存するのは、非常にリスキーであることを今一度覚えておきましょう。

 

あくまで自己の余剰資金でコツコツと取引するのが、FXの正しい取引方法だということを忘れてはなりません!

他にも資金調達方法について解説しています

即日融資での資金調達が可能な大手消費者金融

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。

もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


FXで資金調達のためにお金を借りるのはNG!自己破産できない訳とは?

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


FXで資金調達のためにお金を借りるのはNG!自己破産できない訳とは?

プロミス

FXで資金調達のためにお金を借りるのはNG!自己破産できない訳とは?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


FXで資金調達のためにお金を借りるのはNG!自己破産できない訳とは?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース