ビジネスパートナーでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】

担保や保証人がなくても事業資金を借りられるビジネスローンは法人や個人事業主に大変重宝されています。
今回はそんなビジネスローンの一つ、ビジネスパートナーにスポットを当ててみました。
ビジネスパートナーが商品をビジネスローンに特化したのはまだ数年前ですが、その利便性の高さと柔軟な審査には定評がありますので、ぜひその秘密に迫ってみたいと思います。

個人向けのローンを探している方はコチラで紹介しています。

ビジネスローンってどんなローン?ほかのローンとは何が違うの?

事業者がお金を借りる、というと銀行の保証付き融資やプロパー融資を思い浮かべる人が多いと思います。
銀行の保証付き融資やプロパー融資は低金利なので事業の運転資金には非常に適しているのですが、

  • 申込手続が煩雑で融資までに時間がかかる
  • 審査基準が厳しい

などの理由で特に零細企業や個人事業主が利用するには敷居が高い、というケースも多くあるようです。
そうした銀行融資のデメリットをカバーし、カンタンな手続きでスピーディに事業資金を借りられるようにした商品がビジネスローンです。

 

ビジネスローンは、

  • 保証人や担保が不要である(条件によっては必要になることも)
  • 必要書類が少ない
  • WEBなどで申し込みから融資まで手続きできる商品が多い

と、通常の銀行融資と比べて申し込みの負担が軽く済むことから、現在では多くの事象者が利用しています。
また、即日融資に対応している商品もあり、つなぎのための運転資金として利用するのに大変便利だという点もビジネスローンが広く支持されている理由でしょう。

事業用ローンならビジネクストもオススメです!

 

審査基準は厳しい? ビジネスパートナーでお金を借りるメリット・デメリットとは

 

1.ビジネスパートナーの審査基準

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」のスペック

借入限度額 50万円〜500万円
金利 9.98%〜18.0%
申込資格 法人、または個人事業主
年齢 満20歳〜69歳
担保 不要
保証人 不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
融資までにかかる時間 最短2日

 

ビジネスパートナーの審査では、

  • 経営者個人の情報
  • 事業者の情報

の双方を調査しています。

 

申込者情報の調査項目としては、

  • 年収
  • 他社からの借入
  • 家族構成・住居形態

などが調査され、事業者情報では

  • 事業の業績
  • 経営基盤の安全性

などをチェックされます。

 

さすがに信用情報に事故情報が登録されているような状況では審査に通過することは難しいですが、赤字決算の事業者でも今後の事業計画が評価され、業績の回復の見込みがあると判断されればお金を借りるチャンスはありますし、実際そうしたケースも報告されています。

 

ビジネスパートナーは商品をビジネスローンのみに特化しており、「銀行に融資を断られて審査に不安がある人も気軽に申し込みをしてください」とホームページ上にも記載されているほどその審査は非常に柔軟だといわれます。
ビジネスパートナーのホームページ上にある1秒審査では、業歴が1年以上あって決算書か確定申告書があれば融資可能という審査結果が出ましたので、業歴が短くても業績に不安があっても、まずは審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

2.ビジネスパートナーのメリット
  • WEB申し込みが可能で来店不要
  • 審査は最短1日、審査翌日の融資も可能
  • セブン銀行なら24時間365日、ローンカードを利用して借り入れ、返済可能

小規模な法人や個人事業主の場合、経営者が細かい作業など何役もこなさなければならないことも珍しくありませんから、事業資金の融資の申し込みをWEBで行えるのは忙しい経営者にとって大きなメリットです。
また、ビジネスパートナーでは最短翌日の融資が可能となっています。
保証付き融資では1ヶ月程度、プロパー融資でも2〜3週間程度かかることを考えるとビジネスパートナーの審査時間がいかに迅速かわかるでしょう。
さらにセブン銀行を利用すれば24時間365日いつでも借り入れや返済が可能という利便性の高さも見逃せません。

 

3.ビジネスパートナーのデメリット
  • 金利が高い

ビジネスパートナーの金利は9.98%〜18.0%と銀行融資と比べて非常に高い点がデメリットです。
事業性の資金の借り入れはある程度まとまった金額になることが多いですが、ビジネスパートナーの金利は高いので、つなぎ融資や短期的な融資として利用する場合には便利ですが長期的な借り入れには適していません。
以前は45日間の無利息期間サービスがありましたが現在ではサービスは停止していますので、長期的な借り入れを希望するのであれば、多少時間はかかりますが保証付き融資などを検討する方がよいでしょう。

他にもあります!オススメのビジネスローンの記事

 

ビジネスパートナーでお金を借りたい!申し込みの流れ〜借入・返済までを徹底解説!

 

ビジネスパートナーの申込から借り入れまでの流れは以下の通りです。

 

1.申し込み

ビジネスパートナーのホームページ上の申込フォームに入力します。
入力ミスがあると審査に時間がかかってしまいますので、送信前に誤りがないかどうかをしっかり確認してください。

 

2.仮審査

申込後、ビジネスパートナーから折り返し確認の連絡が入り、その後申込情報をもとに仮審査が行われます。
仮審査では過去に長期延滞や債務整理等の金融事故を起こした履歴がないか、また他社からの借入状況の確認など主に信用情報に関する調査をします。

 

3.必要書類の提出

審査に通過すれば必要書類の提出です。
法人、個人事業主に共通する必要書類、また、法人と個人事業主とで異なる必要書類とがありますので注意してください。

 

法人・個人事業主ともに必要な書類

本人確認書類
印鑑証明書

法人のみ必要な書類

法人の印鑑証明書
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
決算書(原則として直近2期分)

個人事業主のみ必要な書類

確定申告書(原則として直近2期分)
借入計画書

 

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳(写真付き)

など、写真付きの本人確認書類を準備します。
写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、ビジネスパートナーが指定する書類を準備してください。

 

また、印鑑証明書や登記事項証明書などのようにその場ですぐ用意できない書類もありますので、融資を受けようと考えている場合には前もって準備しておくとよいでしょう。

 

書類は郵送かFAXでビジネスパートナーに送付します。
できるだけ早く融資を受けたいのならFAXでの送付がおすすめです。

 

4.本審査

提出された書類に基づいて事業内容や収支の調査、申込者の収入などの調査が行われます。
通常の銀行融資で提出を求められる事業計画書はビジネスパートナーの審査では特に提出の必要はありませんが、任意で提出した事業計画書に評価できる部分があればそれは審査にも反映されるとのこと。
返済能力をアピールする意味でもぜひ事業計画書を提出することをおすすめします。

 

5.契約・融資

無事本審査にも通過すればいよいよ契約です。
契約時に来店する必要はなく、郵送で手続きは完了します。
契約後はいつでも融資が可能で、振込融資、カード到着後はセブン銀行ATMから借入できます。
個人向けのカードローンと同じように、何度でも借り入れ、返済を繰り返すことができますが、追加借入は限度額に10万円以上の余裕があることが条件となります。

 

6.返済について

ビジネスパートナーの返済は、

  • 銀行振り込みによる返済
  • セブン銀行ATMからの返済

のいずれかの方法で行いますが、銀行振り込みだと振込手数料がかかってしまいます。
セブン銀行ATMなら利用手数料無料で返済できますのでぜひATMを利用してください。
また、毎月の約定返済日は15日と月末のどちらかを選択できます。
なお、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の返済期間は最長5年(60回)となっています。

総量規制対象外になる事業者ローンについて更に勉強しておきたい方はコチラ

 

ビジネスパートナーを利用する際にはこんなことに注意しよう!

ビジネスパートナーのスモールローンは手軽にスピーディに事業資金を借りられるのが魅力なのですが、やはり金利の高さが気になります。
消費者金融並みの高金利ですから、長期的な融資には向いていません。
あくまでも緊急の場合の短期的な融資、つなぎ資金として利用すべきということをよく理解して申し込みをしましょう。
長期的な融資を検討するのであれば、手続きは多少面倒ですが保証付き融資や公的融資といった低金利の事業者向けローンを利用するべきです。
ぜひ、ビジネスパートナーのメリットを最大限に生かした資金計画を立ててください。

まだまだある!お金を借りる方法についてまとめたページはコチラ

 

無利息期間もある!個人向けの借入なら大手消費者金融がオススメ!

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。

もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


ビジネスパートナーでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


ビジネスパートナーでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】

プロミス

ビジネスパートナーでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


ビジネスパートナーでお金を借りる方法【審査から借入、返済までの流れ】


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース