クラウドファウンディングとは?資金調達の際は知っておいて損はなし

クラウドファウンディングという言葉を耳にしたことはあっても、残念ながらその詳細を理解している人は意外と少ないです。
個人事業主や零細企業といった事業に関わる人じゃなくても、学生や主婦でもクラウドファンディングを利用して資金調達すればやってみたいことを実現できるかもしれないって知っていますか?

合わせて読みたい関連記事

 

クラウドファウンディングって何?そのしくみを解説します!

インターネット上で自分のやりたいことをアピールしてそれに賛同してくれた不特定多数の人達から資金を集めるというスタイルの資金調達法がクラウドファウンディングです。
賛同してくれる人がいれば事業はもちろん、研究活動やボランティア活動、学費や旅行といった幅広い目的のために自分一人でも資金を募れるのが大きな魅力です。
インターネットの普及によってより多くの人によりスピーディーに資金提供を呼びかけることができるようになり、ここ数年でその市場は大きく成長しています。
銀行や自治体などの融資の利用は個人や零細企業にとってハードルが高いですが、クラウドファウンディングを利用すれば資金を提供してくれるのはプロジェクトの賛同者ですから、背中を押してもらえる感じで心強いという点も大きなポイントでしょう。

クラウドファウンディングをするほどでは無いけど緊急でお金が必要な方へ

 

5つに分類されるクラウドファウンディング、どんなタイプがあるの?

クラウドファウンディングは大きく非投資型と投資型に分けられます。
さらに非投資型は2種類のタイプ、投資型では3種類のタイプにの合計5タイプに分類できます。

クラウドファンディングのタイプ リターン(支援者に対するお礼)の有無
非投資型 寄付型 基本的にリターンなし
購入型

商品やサービスのリターンあり
金銭的なリターンはなし

投資型 ファンド型 金銭(事業益の分配金)、商品、サービスなどのリターンあり
融資型 金銭のリターンあり(金利)
株式型 金銭のリターンあり(株式売却益など)
a.非投資型

事業内容に賛同してくれた人から支援をしてもらうという形のクラウドファウンディングで、金銭によるリターンはありません。

 

  • 寄付型

街頭などで行われている寄付をそのままインターネット上に移動させたものだとイメージすると分かりやすいでしょう。
福祉など社会貢献を目的とするケースが多いのが特徴です。
ネット上でその後の報告や収支の開示なども行われますので支援者にとっては資金の行方が分かりやすいというメリットがあります。
基本的にリターンはありません。

 

  • 購入型

提案者は支援者に興味を持ってもらえるプロジェクトを提案して出資金を募り、
出資した支援者は出資金に応じた金銭以外のリターンを受け取ることができます。
リターンに魅力を感じて出資する人がほとんどですので、いかに魅力のあるリターンを提供するかが重要となってきます。

 

b.投資型

将来性のありそうなベンチャー企業を初期の段階から支援でき、しかも将来的には金銭的なリターンも期待できるのが投資型クラウドファウンディングのメリットです。

 

  • ファンド型

リスクが多少でも伴う事業は金融機関からの融資を受けるのが難しい、というのが現状ですが、クラウドファウンディングを利用すれば事業に賛同した出資者から資金を集められます。
出資者はその事業に将来性を見出して出資し、事業の売上高に応じたリターンを得られます。

 

  • 融資型

クラウドファウンディングサイトが出資者から資金を集め、事業者に対して融資を行います。
事業者がクラウドファウンディングサイトに支払う金利が出資者にリターンされる仕組みとなっていますが、規定上、出資者は出資先企業の情報を知ることができない点には注意が必要です。

 

  • 株式型…金銭のリターンあり(株式売却益)

まだ上場していないベンチャー企業に出資して上場前にその株式を購入できるという特徴があります。
提案者は株式を公開していない状態でも資金を集めることができ、出資者は企業が上場をすれば大きなリターンが得られるというメリットがあります。

借りやすそうでもヤミ金に手を出すのはオススメしません・・・

 

具体的にどのようにしてクラウドファウンディングで資金調達をする?

 

a.プロジェクトの内容を決定する

何をしたいのか、そのためにはどのくらいの費用が必要なのか、またプロジェクトを遂行することでどのようなことが起こるのかなど、決めなければならないことはたくさんあります。
しっかりとした計画ができないままプロジェクトを進行してしまうと、成功率に影響が出てしまいますので、初めてクラウドファウンディングを利用する場合には事前に成功事例などをリサーチして、支援者、サイト運営者に分かりやすいプロジェクトを提案するようにしましょう。

 

b.どのクラウドファウンディングサイトを利用するか決定する

サイトによって得意分野があったり利用手数料が異なったりしますので、各サイトを比べて自分のプロジェクトにあったサイトを選んでください

 

  • 寄付型…「Readyfor Charity」、「JAPAN GIVING」など
  • 購入型…「Readyfor」、「CAMPFIRE」、「Makuake」など
  • ファンド型…「セキュリテ」など
  • 融資型…「クラウドクレジット」「キャッシュフローファイナンス」など
  • 株式型…「FUNDINNO」など
c.クラウドファウンディングサイトに登録し、プロジェクトページを作成する

どのサイトを利用するかが決まったら、サイトに登録をしてプロジェクトページを作成します。
画像や動画などを掲載したり、具体的な数字などを提示すると効果的です。

 

d.クラウドファンディングサイト運営側の審査を受ける

提案したプロジェクトが全てスタートを切れるわけではありません、社会通念上問題があると判断されれば審査に通過することはできませんので注意しましょう。

 

e.プロジェクトのスタート

プロジェクトが始まった後も積極的に途中経過を報告します。
プロジェクトにかける熱意を支援につなげるためのツールがインターネットです。
どんどん発信してプロジェクトに関する情報を周知させれば、さらに支援の輪が広がる可能性があります。

 

f.プロジェクトの終了・支援者へのお礼

プロジェクトの掲載期間が終了すると、目標額を達成できた場合にはサイトの利用手数料をひかれた金額が入金され、目標額を達成できなければ出資金は支援者に返金されます。
目標額を達成できてもできなくても支援してくださった人たちへの感謝の気持ちをきちんと相手に伝わるようにしましょう。
目に見えない相手だからこそそうした心配りが重要ですし、そうした心配りは次回のプロジェクトにもいい影響を及ぼすはずです。

 

.クラウドファウンディングで失敗したらどうなる?必ず成功させるためのポイントとは!

 

  • どのタイプのクラウドファンディングなら自分のやりたいことを実現できそうか?

自分のプロジェクトを実現させるにはどのタイプのクラウドファンディングを利用するのが良いかをよく考えましょう。
多くのクラウドファンディングサイトがありますが、サイトによって得意分野が各々異なるので、サイトの特徴をよく調べて自分の目的に合ったサイトを選ぶことが重要です。

 

  • プロジェクトの内容や目的をわかりやすく明確に伝える

プロジェクトページでは写真や動画を効果的に使用することで、文章だけのページよりぐっと共感を得やすくなります。
視覚に訴えられるのがインターネットの強みですから、その利点を最大限に生かしてプロジェクトをアピールしたいですね。
また、どんな人に出資しているのかを知ってもらうために、自分の顔写真などを掲載したほうが信頼を得られやすくなります。

 

  • 問題意識を共有する

目的を達成することを前面に押し出すだけではなく、それをしたいと考えるようになったきっかけや問題を知ってもらうとより共感を得やすいでしょう。

 

  • プロジェクトに見合った適正な目標金額を設定する

出資者はシビアな目で見ていますので、プロジェクトの内容に対して適正な金額を設定することは非常に大切なことです。
設定金額が高すぎれば資金は集まりにくくなります。
だからといって低く設定してしまうとプロジェクト自体を実現することができなくなってしまう可能性も出てきます。

 

  • リターンが発生する場合には魅力のあるものを選定する

支援者はプロジェクトの内容と同じくらい、場合によってはそれ以上にリターンに魅力を感じて出資をしてくれるのですから、魅力のあるリターンを準備しておくことです。
ただしそこにウェイトを置きすぎると提案者に負担がかかってしまいますので、コストをかけすぎず精神的満足度の高いリターンを準備するようにしましょう。

 

  • SNSなどであらかじめ自分をアピールしておく

資金を募る前にブログやツイッターなどを利用してネットワークづくりをしておきましょう。
クラウドファウンディングを成功させている人の多くはまず、事前にSNSで「こうしたことをしてみたい!」と呼びかけ賛同者を増やしています。
いきなりクラウドファンディングサイトで呼びかけをするよりもうんと成功率は上がるはずです。

 

このように、クラウドファンディングでは事前の準備が大切なプロジェクトの行方を大きく左右します。
手間はかかりますが、金融機関を介さず自分のプロジェクトに賛同してくれた人の応援を受けてプロジェクトに挑戦できる魅力は何ともいえないものです。
クラウドファンディングは今後ますます手軽なお金を借りる方法もとい、資金調達法として普及していくでしょう。
「資金がないけれどもこんなことをぜひ実現させてみたい!」というあなた、クラウドファンディングを利用して夢をかなえませんか?

他にもお金を借りる方法についてあらゆる方法で解説しています!

 

消費者金融なら即日融資で無利息期間もあります!

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。

もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

アコムのおまとめローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


クラウドファウンディングとは?資金調達の際は知っておいて損はなし

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

アイフルアプリについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルのおまとめローンの詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


クラウドファウンディングとは?資金調達の際は知っておいて損はなし

プロミス

クラウドファウンディングとは?資金調達の際は知っておいて損はなし

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


クラウドファウンディングとは?資金調達の際は知っておいて損はなし


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース