お金借りるならどこがいい?

「ねえねえ、お金借りるならどこがおすすめなの?」

 

これは、当サイト管理人の私が知人からよく聞かれるセリフです。
銀行の個人向け融資担当部署に勤めているからです

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

いまやカードローンのCMや広告を目にしない日はないというくらい、いろんな金融機関の宣伝が私たちにまわりには溢れてますよね。
カードローンを必要とするような事情の多くがデリケートなものなのでみんな表立って言わないだけで、お金を借りたい人お金を借りている人はたくさんいます

 

ピンチのときに親や親戚、親しい友人などに頼れる人ばかりではありません。
急いで今日中にお金が必要で、誰かを頼る時間がない場合だってあります。
そんなときに助かるのが、お金を借りるためにカードローンを利用できるというわけです。

 

最近では、申し込みから最短30分で審査が完了、当日中の振込融資が完了する即日融資に対応している金融機関も増えてきました
そんな利便性の向上もあって、カードローンの利用者は増え続けているんです。

 

「いったいどのカードローンがおすすめなの…?」

 

いまや、お金を借りたい人にとって身近で便利な存在になったカードローンではありますが、知識のない人にとってはいったいどこがおすすめなのかがわからないと思うんです。
私みたいな業界関係者ならいざ知らず。

 

そこで、ある日ふと思いつきました。

 

「仕事を通じて身につけた知識を生かして、お金を借りるためにおすすめのカードローンを紹介するサイトを作ってみよう」。

 

それがいまあなたがご覧になっているこのサイトです。

 

仕事柄、各サービスの特徴強み審査通過率を把握しているのはもちろんのこと、実際にカードローンを利用した人の評判口コミといった情報に基いて紹介するカードローンを選んでいます。

 

小難しい説明は極力控えて、わかりやすくおすすめカードローンを紹介していきますのでしっかりチェックしてくださいね。

 

 

お金借りるなら!銀行関係者が厳選するおすすめカードローン

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

いますぐお金を借りたいという方向けに、さっそく私がおすすめするカードローンを消費者金融・銀行に分けてカンタンにご紹介します。

 

もし各カードローンの情報をもっと詳しく知りたいという場合は、ページを下のほうにスクロールすると「詳細バージョン」があるのでそちらをチェックしてくださいね

 

管理人のおすすめカードローンはこちら

 

 

消費者金融カードローン編

※申込みの曜日、時間帯によっては取り扱いが翌日以降となる場合あり

 

銀行カードローン編

なぜ銀行の人なのにまず消費者金融を推すの?

 

冒頭で触れたように、銀行の個人向け融資担当部署で働いている私。
そんな私が、なぜお金を借りたい人に対して銀行のカードローンよりも優先して消費者金融のカードローンを推すのか?
それには以下の理由があります。

 

【理由その1】初心者でも利用しやすい

銀行カードローンのほとんどが、ここ10年以内に参入してきたばかりで歴史が浅いなか、消費者金融は昔から個人向け融資を主たる業務として営業をしてきました。

 

豊富な審査実績やノウハウがあり、砕けた表現をすれば、個人相手の融資に慣れているといえます。
それはつまり、審査や使い勝手におけるカジュアルさにつながっており、実際、利用者からもその点を高く評価されています。

 

お金を借りる方法は銀行カードローンや消費者金融以外にもあるんです

 

【理由その2】「初回30日間は無利息」などサービスが充実

銀行がカードローンサービスに参入するようになったことで、それまで消費者金融の独壇場だった個人向け融資市場では激しい顧客獲得競争が展開されるようになりました。
じりじりと顧客を奪われるようになった消費者金融は、巻き返しを図るために新サービスを開始。
その代表格ともいえるのが、一部業者が展開している「初めての利用なら、借り入れから30日間は金利がかからない」というサービスです。

 

カードローンに限らず、世の中の融資というものは金利によって発生する利息が貸し手にとっての儲けになります。
そんな儲けのタネを、初回借り入れの30日間だけとはいえゼロにしてしまうんですから借りる側にとってはおいしいことこの上ありません。

 

借り入れ金額によっては無利息期間を過ぎても数ヶ月は消費者金融の方がお得です。

 

【理由その3】申込み → 審査 → 融資のスピードが圧倒的

当ページの各金融期間に関する記述をご覧になればわかるように、消費者金融は審査スピードがとにかく早いんです。
最近でこそ一部の銀行が消費者金融並みの審査を行うことも出てきましたが、全般的に審査がスムーズなのはやはり消費者金融です。

 

だいたい、わざわざお金を借りなければならないような状況なんて急ぎの用であることが珍しくありません。
そんなとき、申し込んでから何日も待たされたのではその用に間に合わないこともあるでしょう。

 

思い立ったときにすぐお金を借りれることのありがたさは、実際に借りる必要が生じたときイヤというほど身にしみる人多しです。

 

冠婚葬祭など、お金は急に必要になることも多いですよね

 

【理由その4】2018年以降、銀行カードローンは自主規制により過剰な融資や宣伝を規制している

近年、急速にシェアを拡大した銀行カードローンですが、その反面、利用者のなかには多重債務に陥りかねない人が現れるなど、過剰融資や過度な宣伝が懸念されていました。

 

それを受けて、金融庁は銀行によるカードローン融資の実態調査を開始。
融資の手法や、過度な宣伝がないかなどを調べ結果、今までのやり方の是正を求めました。
2018年現在、銀行各社は自主規制を行ないそれまでの積極姿勢をセーブし、過剰な融資や即日融資を取り止め新規顧客獲得に、落ち着きを見せています。

 

今まで保証会社に丸投げなところもあった審査も、独自の審査手順を追加するなど、利用者側にとって審査のハードルが上がっています。
かりに審査に落ちてしまうと、その情報は金融の業界団体で共有されるため、一定期間は他のカードローンの審査でも不利になります。
ですから、目下のところ審査通過の可能性を高めるなら消費者金融を狙うのがオススメなのです。

 

最近のカードローン事情について詳しく知りたい方はコチラ!

 

 

カードローン利用手順の「正解」はコレです!

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

どこの金融機関のカードローンを利用したいかが決まったら、さっそく申し込みです。

 

銀行カードローンだったら店舗内に専用コーナーが。消費者金融だったら街中に無人契約機がありますが、申し込みはスマホやPCから事前に済ませておくべきです。
なぜなら、申し込んでから審査に少し時間がかかるため、その間手持ち無沙汰になってしまうから。

 

まずはスマホかPCからネット経由で申し込み、審査通過の連絡が来たら無人契約機などに行って契約を済ませたうえで、融資を受けるという手順が最も無駄がありません。

 

もっとも、最近ではプロミスの「Web完結」のように一定の条件を満たせば申込みから契約、振込まですべてWebで完結可能(郵送物もなし)というものもあります。
わざわざ契約機まで出向かなくても済むので、可能であればこういったサービスを利用するのがおススメです。

 

では、カードローンの正しい利用手順を整理しておきましょう。

 

スマホかPCで公式サイトから申し込み

当サイト内に掲載している各金融機関のリンクから、公式サイトにアクセスします。
公式サイト内の記載に従って申し込んでください。
「Web完結」などを利用する人はこのときに選択しておきます。

審査結果の回答を待つ

早いところで最短30分ほどで判明します。金融機関によって違いがあるので、前述の各金融機関に関する項目を参照してください。

審査通過の通知後、契約手続き

(a)「Web完結」を選択した方はそのままWeb上で契約が完了します。
(b)「Web完結」を利用しなかった方は、必要書類(身分証)を持参の上で無人契約機などに行き、契約を済ませましょう。

融資(口座振り込み or 専用ATMから下ろす)

契約が完了したら、銀行口座にお金が振り込まれます。
または、無人契約機内やコンビニ店舗内に設置されたATMから融資金額を下ろすという方法もあります。

 

以上の手順で、カードローンを利用してお金を借りることができます!

 

 

管理人のおすすめカードローン

 

消費者金融カードローンでお金を借りる編

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。

 

もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。

 

初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。

 

さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。

 

駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。

 

初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。

 

無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。

 

PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

300x250 竹中さん 静止

SMBCモビットではWEB完結を利用すると、会社への電話確認や自宅への書類などの郵送は一切行っていない、会社や家族に内緒にしておきたいといった方におすすめのカードローン。

 

14:50までに手続きが完了すればその日のうちに融資が可能です。さらに、三井住友銀行か三菱UFJ銀行があれば最短3分で指定口座へ振込完了します。

 

土日祝日・夜間でもローン申込機なら、所要時間30分程度でその場でお金を借りることができます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

 

 

銀行カードローンでお金を借りる編

CMでもお馴染みのメガバンクの三井住友銀行。

 

同行に口座を持っていなくても申し込みが可能で、三井住友銀行本支店以外にもSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機(ACM)でも申し込みが可能なのが心強いです。

 

また、審査は原則土・日・祝日も9:00〜21:00まで行っているので、時間に余裕がない方でも安心です。

 

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが楽天銀行カードローン
カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。

 

もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント!
最大31,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。

 

楽天銀行口座を持っている方なら即日融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

オリックス銀行は大人のカードローンとして30代以上の男性に人気のカードローンです。
それは金利スペックにも現れており、大きく借りれば借りるほど他の銀行以上の低金利を受けられるというもの。

 

ただし、少額の申込みにはあまり向いておらず、100万円以下の場合17.8%と消費者金融と変わらない金利となってしまうので、やはりある程度大きな金額を借りる目的で使うカードローンと言えるでしょう。

 

また、ネット銀行ですが提携ATMは全国に99,000台以上あり、借入でも返済でも手数料がかからないのはかなり魅力的です!

 

お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら  お金を借りるならどこがいい?みんなのお金プラットフォーム-マネぷら

 

これだけは知っておけ!お金を借りる方法は多種多様!

お金がどうしても必要になってしまう理由も人それぞれですよね。

  • 浪費で生活費がピンチ!
  • シングルマザーで子供にお金をかけてあげられない!
  • 急な事情でまとまったお金が必要
  • 退職したはいいけれど次の職が見当たらずお金もなくなりそう

などなど。

 

ここからは様々なお金を借りるための方法を紹介していきます。
自分の置かれた状況や、選択肢を増やすために一読してみてください。

 

きっと突破口が見つかるはずです。

 

お金を借りる方法目次

    公的機関を利用してお金を借りる方法
  1. 求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法
  2. 母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法
  3. 生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法
  4. 教育一般貸付でお金を借りる方法
  5. 年金担保貸付でお金を借りる方法
  6. 民間の金融機関でお金を借りる方法
  7. 銀行でお金を借りる方法
  8. 消費者金融でお金を借りる方法
  9. クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法
  10. 街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法
  11. 闇金でお金を借りる方法(騙されないための知識)
  12. その他お金を借りる方法
  13. 一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法
  14. 生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法
  15. 定期預金担保貸付でお金を借りる方法
  16. 社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法
  17. 共済組合による貸付でお金を借りる方法
  18. 身近な人(親・兄弟・親戚・知人)からお金を借りる方法

 

銀行や消費者金融だけじゃない!公的機関からの融資制度でお金を借りる方法!

公的機関。
例えば国や自治体からお金を借りる制度があることをご存知ですか?
もちろん、貸付には利用者側の条件や目的がかなり限定されます。
しかし、もしここで紹介する方法で自分が条件に合致するのであれば、相談してみると民間の銀行や消費者金融よりも好条件でお金を借りることができることもあるんです。

 

求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法

転職を目指しハローワークに通って、尚且つ職業訓練を受けている方も少なくないと思います。
働くことを夢見て頑張っている人々を、国は見捨てたりはしないもの。
求職者限定!やる気のある者限定!ではありますが、格安の金利で借り入れ出来る融資制度こそ、求職者支援資金融資制度なんです。

 

求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法

母子家庭・父子家庭のようなひとり親家庭は、両親の揃っている家庭に比べて収入面で劣ることの多い傾向があります。
子どもに充分な教育環境や満足な食事を与えられず心身の健全な発育に悪影響を及ぼしたり、親にも労働や家事の負担が重くのしかかるなど家庭環境を悪化させる危険性が懸念されます。
そのため、自治体により、ひとり親家庭に金銭を援助して健康的な生活を支援するための制度が用意されています。
それが、「母子父子寡婦福祉資金貸付金」です。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

銀行や消費者金融でも借りれない…そんな時は生活福祉貸付金制度でお金を借りることを検討してみましょう。

  • 「生活費が足りず困窮している」
  • 「子供の進学費用がない」

そんな時、銀行や消費者金融にお金を借りるというのも一つの手ですが、収入が低いことが要因で審査に通らない場合や、年齢の上限を超えていたり、障害などで働けず申込み自体ができない場合もあります。
こうした収入が少ない世帯等に対して貸付を行い、自立できるようにサポートする「生活福祉資金貸付制度」という制度を利用すれば、無利子もしくは非常に低い利子でお金を借りることができます。

 

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

教育一般貸付でお金を借りる方法

子どもを抱える世帯において、生活費に占める教育費の割合はかなり大きいものです。

 

学校の入学金や授業料、教材費や部活動の費用など、学校に通う子どもに掛かってくるお金の種類は枚挙に暇がありません。
ただ、教育費は子どもを育てるためには必要不可欠な出費であるのもまた事実です。

 

そのためこの教育費をどう工面するかが、子どもを持つ家庭の悩みの種となっていることも少なくありません。
他の出費を切り詰めてでもやりくりするか、あるいはどこかからお金を借りるか…。

 

そんな悩みを抱える家庭へ向けて、国は支援策を打ち出しています。
それが、「教育一般貸付」です。

 

教育一般貸付でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

年金担保貸付でお金を借りる方法

収入源が限られている年金生活中でも、冠婚葬祭や医療費、家電の買い替えなどまとまった資金が必要になることがあります。
しかし、一括で用意するのは今後の生活にも響くため、できれば借入したいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

年金受給者となると銀行や消費者金融で審査に通過するのは難しく、キャッシングやカードローンを利用できず途方に暮れてしまうケースも少なくありません。
そんな時に知っておいて欲しいのが、年金受給者が利用できる年金担保貸付という制度です。
その名の通り、将来もらう年金を担保に国から融資を受けることができる公的な融資制度です。

 

年金担保貸付でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

やっぱり借りやすい?民間の金融機関でお金を借りる方法

公的機関からお金を借りるには厳しい審査や条件をクリアする必要があり、万人におすすめできるかといえば、そうではありません。
多くの人が気楽に借り入れできるのはやはり、民間の金融機関である、消費者金融や銀行ではないでしょうか?

 

ここでは、王道の消費者金融、銀行でお金を借りる方法に加えて、中小の街金と言われる消費者金融や、クレジットカードのキャッシング枠、絶対に手を出してはいけない闇金についてなど紹介していきますね。

 

銀行でお金を借りる方法

銀行の個人向け融資は民間の金融機関の中では群を抜いて低金利となります。
しかし、低金利であるがゆえに厳しい審査もあり、さらには銀行カードローンが金融庁から過剰貸付の指摘を受け、その傾向はさらに増すばかりです。

 

年収やステータスが高い方は積極的に申し込んでもいいですが、他に借り入れがある方やパート・アルバイトの方は割けるのが無難です。

 

銀行でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

消費者金融でお金を借りる方法

消費者金融は銀行と比べて金利は高いのですが、融資までのスピードが非常に速いのが特徴です。
お金を借りたいけど時間がない場合には、消費者金融での借り入れという選択肢を検討してみるのも一つの方法だといえるでしょう。

 

2018年1月より銀行カードローンは即日審査・即日融資ができなくなったため、即日融資に対応できる消費者金融のカードローンが再注目されています。

 

消費者金融でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法

クレジットカードには通常の買い物で使われる「ショッピング枠」とともに、「キャッシング枠」が設けられていることはご存じでしょうか?

 

すべてのカードではありませんが、クレジットカードを申込すると、カードとともに送付される利用条件の但し書きの中に、「○○万円まで」とされたキャッシング枠が記載されていることを確認できるはずです。
このキャッシング枠とは、クレジットカードで提携のATMから記載された上限金額の範囲内までお金を借りることができる、という意味です。
つまりキャッシング枠が設定されているクレジットカードは、カードローンを契約して所持できるローンカードと同じような機能を元々備えているということなのです。

 

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法

消費者金融でお金を借りるとなると、まず浮かんでくるのがアコムやプロミスなどの大手貸金業者ではないでしょうか。
銀行より審査のハードルが低いとされており、困った時の強い味方となる大手消費者金融ですが、金融ブラックや多重債務状態になると借入が難しくなります。

 

こうした状況に陥った時でもお金を借りることができる可能性があるのが「街金」と呼ばれる地域に根差した中小消費者金融です。

 

街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)

闇金だからこそ気楽にいつでもお金を借りれることは否めませんが、それに付随するデメリットは想像以上の物です。
今回はあえて闇金でお金を借りることに着目しますが、これは闇金の利用を推奨する目的ではありません。

 

その怖さそして注意を喚起する為にも、闇金での借り入れについて1から考えてみたいと思います。

 

闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)の詳細はこちら

その他お金を借りる方法

銀行や消費者金融、また国の貸付などの他にも、お金を借りるにはまだまだ選択肢はたくさんあります。
営利を目的としない社団法人では生活の債権のサポートの一環で貸付をしてくれたり、勤め先に貸付制度があったり、はたまた契約中の保険や定期預金を担保になど様々。

 

国や自治体の融資にも断られてどうにもならない場合、一度これらの借入方法を確認してみてください。
あなたのお金の問題を解決できる手立てが残されているかもしれませんよ。

 

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法


2005年に設立され、東京に本部を置く一般社団法人「生活サポート基金」は東京都及び神奈川・千葉・埼玉各県に暮らす経済的な苦境に置かれた人々に対して、生活を立て直すための全般的な相談を請け負い、状況により貸付などの方法で援助を行う組織です。
生活サポート基金が運営のコンセプトとして強く掲げているのは、生活の再建を一緒に目指す、ということです。
その一助として、資金の貸付や、個人再生ファンド、多重債務者生活再生事業を執り行ったり、紹介しているというスタンスとなります。

 

つまり所定の手続きを経ればお金を借りることはできますが、「まずお金の貸借契約ありき」の消費者金融や銀行などのいわゆる金融業者とは一線を画しているといえます。
ですので、金融業者のひとつとして考えるのではなく、経済的に困窮する人々を助けるための組織であり、その方法の一つとして借入を行うこともあるところだ、と考えるのが正当なところでしょう。

 

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法


加入している保険を解約して解約返戻金を受け取るのも選択肢の一つです。
ただし、これには大きな問題点があります。たしかに保険を解約すればお金は手に入りますが、万が一のための保障はなくなるため、いざという時のリスクに備えることができなくなるということです。
そこで是非検討して欲しいのが、保険を解約せずに保険会社からお金を借りることができる「契約者貸付制度」です。
「せっかく長年かけていた保険を解約をしたくない」、「保険を解約するのは不安」という悩みも解消することができます。

 

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

定期預金担保貸付でお金を借りる方法


「高い金利を支払うくらいなら、銀行で貯めている定期預金を解約しよう」というのも選択肢の一つではありますが、せっかく長年預けていた定期預金も中途解約してしまうと普通預金と同じ利率になってしまいます。
もし、定期預金を組んでいるのであれば、解約をする前に是非知っていただきたい融資制度があります。
それは、金融機関に預けている定期預金を担保にして借入をする定期預金担保貸付です。
定期預金担保貸付なら、定期預金を解約することなく、ローンやキャッシングよりも非常に低い金利でお金を借りることができます。

 

定期預金担保貸付でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法


消費者金融でお金を借りたくなる衝動に駆られるその時に、まず確認してほしいことがあります。
もしかしたらあなたが働く会社が、お金を貸してくれるかもしれません。

 

高額な金利を支払ってお金を借りることよりも、自分が働く会社の福利厚生制度で低金利にお金を借りるほうが無理のない借り方ではないでしょうか?

 

 

社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

共済組合による貸付でお金を借りる方法


家電や車の購入や教育費など一時的にお金が必要になった時、常勤の公務員や教職員等であれば加入している共済組合からの貸付を利用することができるというのをご存知でしょうか。
共済組合といえば年金や医療保険を賄っている印象が強いですが、実はそれだけではなく福利厚生の一環として組合員に対しての貸付事業も行っています。
銀行や消費者金融のカードローンなど、民間の借入よりも低金利で利用することができるので、共済組合に加入しているという方は制度の概要を知っておくといざという時に役立ちます。

 

共済組合による貸付でお金を借りる方法の詳細はこちら

 

身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法


誰しも親や友人にお金を借りた経験はあると思いますが、本当に困って多額を借りる場合は大きなトラブルのもとになり、家族関係・人間関係が壊れてしまう原因となるので注意が必要です。
リアルな人間関係からお金を借りる際の注意点や対策について知っておくようにしましょう。

 

身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法の詳細はこちら